JPhOの沿革

 2005年8月 世界物理年の記念行事として第1回物理チャレンジを開催(at 岡山県閑谷学校) 。任意団体「物理チャレンジ・オリンピック日本委員会」が科学技術振興財団(JSF)の支援を受けて開催。 
2006年7月 国際物理オリンピックに初めて日本代表選手団を派遣 第37回国際物理オリンピック・シンガポール大会
2010
  430

『世界水準の物理入門』刊行
 
丸善より
1031   JPhO設立総会   科学技術館
初代理事長 有山正孝
 1119 設立申請書を内閣府に提出  定款
2011
  3
11

NPO JPhO設立認証
 (奇しくも東日本大震災の日)
  3月23日  NPO登記完了 平成23年度のJSTとの契約をJPhOとして締結して活動開始
 9月  会報第1号発行  
 2012年
 5月20日
 
第1回プレチャレンジ
 
秋田県立秋田高等学校
 5月26日 第1回通常総会  東京理科大学1号館111号教室
2代目理事長 北原和夫
 10月 ステップアップ研修スタート  第2チャレンジ参加者のうち希望者を対象にした通信添削研修
 2014年4月 Physics Olympiad』刊行  World Scientificより
 2015年7月 IPhO 2022 日本大会が承認  IPhO国際役員会(インド)で2022年国際物理オリンピックの日本開催が承認。
 2018年9月 ファーストステップ研修スタート  第1チャレンジ参加者のうち希望者を対象にした通信添削研修
3代目理事長 長谷川修司